奥さんが現場に乗り込む時

奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んでひどい状況に陥るのは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。

ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、殺傷沙汰にまでなってしまうシナリオもよくありますね。

配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのも1つの方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)でしょう。

別れるつもりがあるならば、実行する余地はあるかも知れません。

浮気調査は専門家への依頼が一番と言われる由縁は悲しみの余りその場で暴力に訴えてしまう怖れがあります。

貴方自身が大丈夫だと信じていても、最愛の人の密会現場に遭遇してしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合が多く報告されています。

スムーズに物事を進めるためにも証拠を掴む可能性を高めるためにも、専門家である探偵に依頼するべきでしょう。

どのような行為をしているか記すことで浮気の決定的な証拠をつか向こともあります。

毎日の行動の仕方には、ほとんどの場合パターンができてくるものです。

しかしながら、浮気をしている人は、その習慣が変わってしまいます。

変わった時間帯や曜日が特定することができたら、動き方をよく見ていると、浮気を実証できる願望が高まります。

探偵の浮気調査の場合でも失敗したりするみたいです。

探偵は浮気調査をよくやっていても、成功しないことが少なからずあります。

配偶者がいきなり車や電車を使ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。

また、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には尻尾を掴みようがないです。

法律の上で、結婚した人が配偶者以外の異性と故意に男女の関係にいたることを不倫といいます。

ということは、法に従えば、肉体関係を持っていなれば、共に時間を過ごしてい立としても、浮気とはいえないということになります。

個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。

着ている服を見て浮気の裏付けをすることもできます。

人が浮気をすると、分かりやすく現れるのは身なりの変容です。

お洒落には今まで関心がなかったにもか換らず、突然にファッションにこだわるようになったらよく見ることが重要です。

浮気へと進展しそうな人がいたり、浮気している人がいるかも知れません。

探偵の尾行代が幾ら位かと言うと、調査員の数によっても変わりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。

もちろん、調査員が少ない人数なら安く、多くなるほど高くなります。

また、尾行の時に移動のために車やバイクを使った場合、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認が大切です。

飲食店などの領収証の記載には飲食時の人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。

ほかに、クレジットカードで決済した時は月々チェックすることをします。

出張の際の宿泊がビジネスホテルではない場合や一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら、同伴者がい立と判断される事があります。

探偵の浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つです。

実費とは具体的には交通費やフイルムや現像料などをいいますが、調査中の食費が加わることも少なくありません。

また、時間給は調査員の人数×調査時間で、計算した費用です。

調査にかかる時間が短いほど支払いも安くすみます。

時間単位での尾行料金が設定されている場合、探偵の尾行時間が短い方が、お金がかからなくなります。

ですので、尾行を探偵におねがいするなら、日頃のパートナーの行動パターンを理解しようと観察することが大切です。

その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って尾行をしてもらうと、余計な手間をかけずに探偵も尾行することができ、お互いにとってメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です